5月の陽光

 社会人になって31回目の春が駆けて行った。

季節はいつの間にか初夏。5月の陽光がまぶしい。

愛犬と猿江恩賜公園(東京都江東区)でお散歩。非常事態宣言下の都内。顔族連れ、こどもたち、汗を流すランナー。

 「非日常」となった現在の生活。それでも人々はその「日常」を少しでも楽しみながら暮らそうとしている。

オリンピックより、日経平均株価より、インバウンドバブルより、すべての人々が安心して生きることが出来る社会を築くことが、何より大切だということを体感した節目の年になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

テレワーク時代突入